top of page

エクオール飲んではいけない人とは

更新日:4月17日




エクオールを飲んではいけない人とはいるのでしょうか?


私はエクオール飲んではいいのでしょうか?


こういったご質問を頂くことがありますので、今回各資料を基にまとめさせていただきました。


今あなたの更年期長引き度の無料診断をしております。


興味がある方は画像をクリックしてください





エクオールとは



エクオールとは、大豆イソフラボンから作られる天然の成分です。女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、更年期障害や骨粗しょう症などの女性の健康にさまざまな効果が期待されています。


しかし、エクオールは誰でも摂取してよいわけではありません。飲んではいけない人もいるので、注意が必要です。


エクオールが使われる場面


エクオールの作用


研究によると、体内にエクオールが少ない人ほど更年期の症状が重いということが分かってきたのです。


エクオールは減少していくエストロゲンの代わりとなって、コラーゲンの産生を促しお肌を健やかに保ったり、更年期に現れる症状を予防緩和する働きがあります。


エクオールはエストロゲンが足りない時に代わりをしてくれるだけでなく、エストロゲンが過剰な場合にはその働きを抑える抗エストロゲン作用もあり、バランスを取ってくれます。こういったことからエクオールはカラダもココロもゆらぎを感じる更年期世代の特に女性たちの味方となってくれます。


エクオールを飲んではいけない人の条件とは



エクオールを飲んではいけない人の条件は、大きく分けて以下の2つです。


①大豆アレルギーがある人


エクオールは、大豆イソフラボンから作られています。そのため、大豆アレルギーがある人は、エクオールもアレルギー反応を起こす可能性があります。


②妊娠・授乳中の人


エクオールが妊娠や授乳にどのような影響を与えるかについては、まだ十分に研究されていません。そのため、妊娠・授乳中の人は、エクオールの摂取を控えたほうがよいでしょう。


大豆アレルギーの症状


大豆アレルギーの症状は、軽度なものから重度なものまでさまざまです。

軽度な症状としては、以下のようなものがあります。


・口唇や喉の腫れ

・蕁麻疹

・吐き気・嘔吐


重度な症状としては、以下のようなものがあります。


・アナフィラキシーショック


アナフィラキシーショックとは、全身にアレルギー症状が現れ、呼吸困難や意識障害を起こす、命に関わる重篤な症状です。


大豆アレルギーがある人は、エクオールを摂取する前に、必ず医師に相談するようにしましょう。


妊娠・授乳中の注意点


妊娠・授乳中の女性は、エクオールの摂取を控えたほうがよい理由は、以下の2つです。


エクオールが胎児や乳児にどのような影響を与えるかは、まだ十分に研究されていません。

エクオールは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、妊娠・授乳中に摂取すると、胎児や乳児の健康に影響を与える可能性があると考えられています。


妊娠・授乳中の女性は、エクオールの摂取を検討する前に、必ず医師に相談するようにしましょう。


エクオールの摂取量



エクオールの摂取量は、1日あたり10mg程度が目安とされています。


ただし、エクオールは体内に蓄積されず、排出されるため、毎日摂取する必要があります。


また、エクオールは、納豆や豆腐などの大豆製品に多く含まれています。そのため、食事からエクオールを摂取している場合は、サプリメントの摂取量を調整するようにしましょう。


エクオールの副作用


エクオールには、ほとんど副作用は報告されていません。

ただし、ごくまれに、以下の副作用が報告されています。


下痢

腹痛

吐き気


これらの症状が現れた場合は、すぐに摂取を中止して、医師に相談するようにしましょう。


まとめ


エクオールは、女性の健康にさまざまな効果が期待される成分ですが、飲んではいけない人もいます。

大豆アレルギーがある人や、妊娠・授乳中の人は、エクオールの摂取を控えたほうがよいでしょう。

また、エクオールの摂取量は、1日あたり10mg程度が目安です。

エクオールを摂取する際には、これらのことに注意するようにしましょう。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page