top of page

更年期のメンタルへの影響とメンタルケアについて

更新日:2023年2月8日


更年期になって不安を感じる、イライラする、夜眠れない…などの声を多数いただきます。


そもそも更年期のメンタルへの影響はどのようなものがあるのでしょうか?


メンタルのケアはどのようにしていけばよいのでしょうか?


今日はそういったお話をさせていただきます。


こちらの内容は 音声ラジオ Stand FMで耳でもお聞きいただけますので、ラジオとしてお聞きいただきたい方はリンクからどうぞ。


更年期障害とは



こちらは「更年期・更年期症状・更年期障害のそれぞれに違いについて」のリンクでご紹介しておりますので、良かったらご覧ください。


更年期症状にはどのようなものがあるか


更年期症状は100~200とも言われています。



にまとめておりますので、良かったらこちらからご覧ください。


更年期になりやすい人の特徴



更年期になりやすい人の特徴というのはある程度わかっています。


「更年期 なりやすい人 ならない人の特徴」 にまとめてますので、良かったらご覧になってください。


更年期障害の診断や治療


更年期の気づきは何からでしょうか?そういったことは



のリンクでおまとめしています。


また、具体的な更年期の治療やメリット・デメリットはリンクでまとめていますので、ご興味がある方はご覧になってください。



更年期のメンタルへの影響



更年期は、女性ホルモン(エストロゲン)の急激な低下が起き、それに伴って心理的な影響が起こることがあります。


①不安や憂鬱:更年期に伴って、不安や憂鬱感が強くなることがあり、これらの症状が酷くなって、日常生活に支障をきたす場合は、うつ病などの機能障害を引き起こすことがあります。


②記憶力の減退:更年期に伴って、記憶力が減退することがあり、これが原因で学習や仕事などの業務に支障をきたすことがあります。


③無気力:更年期に伴って、疲れや不眠などがある場合があり、無気力感が強くなることがあり、これが原因で日常生活に支障をきたすことがあります。


更年期にやる気が出ないの対処法はこちらのリンクからご覧になってください。


④身体的な症状:更年期に伴って、ホットフラッシュなど発汗などの身体的な症状が現れることがあり、これが原因で睡眠障害やストレスの原因になることがあります。


更年期のホットフラッシュへの対処法はこちらのリンクからご覧になってください。


⑤社会的な影響:更年期に伴って、年齢に対する差別や偏見、将来に対する不安などがあり、これが社会的な圧力を引き起こすことがあります。


これらの影響によって、心理的な健康や社会的な地位などに影響を及ぼすことがあります。そのため、早期に対処することが重要です。



更年期にメンタルに影響が出やすい人の特徴



更年期によって心理的な影響を受けやすい人の特徴には、以下のようなものがあります。


1.以前から不安や憂鬱などの心理的な症状がある人
2.社会的な圧力やストレスが強い人
3.家族や友人からのサポートが不十分な人
4.自己評価が低い人
5.身体的な病気や障害がある人
6.仕事や家族などに対する責任が重い人
7.高齢者に対する偏見や差別がある社会環境に住んでいる人

ただし、これらの特徴を持っているからといって必ず更年期によって心理的な影響を受けるとは限りません。更年期は個人差があり、それぞれによって影響の受け方が異なります。


また、更年期にうつになった人の体験談や共通点をリンクにまとめていますので、興味がある方はどうぞご覧になってください。


更年期のメンタル影響への対策



当社のサービスは更年期、および更年期に重なるストレスなどでメンタルに影響を受けた方がご利用になられており、一年ほどで改善されておられます。


どんな方でもメンタルへの影響を最小限にするための対策はあります。


そちらの具体的な進め方については



に詳しくまとめておりますので、良かったらご一読ください。






閲覧数:140回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page