top of page

更年期に暑いと思うのはなぜ?その原因と対策


自分ばかり暑がっている、クーラーの温度を下げると周りが寒いという…

そんな経験はありませんか?


もしあなたが40代であれば更年期の可能性があります。


今日は更年期に暑いと思う理由やその対策をお話しします。


更年期とはそもそも…




更年期は個人差はありますが50歳前後で閉経する人が多く、この閉経の時期をはさんだ前後数年ずつの約10年間(一般的に45〜55歳頃)を”更年期”といいます。


また、その時期の色々な症状が現れます。そういった症状により日常生活に支障が出るものを「更年期障害」と言います。


更年期に急に暑いと感じる理由


上半身がのぼせる、ほてり、発汗が出るなどは更年期障害の代表的な症状で、急に急に顔が熱くなったり、汗が止まらなくなったりします。これをホットフラッシュと言います。


「上半身だけ暑くて、のぼせて、食事もできないほど…」「冬でも突然、頭と顔に大汗をかくので恥ずかしくて人前に出られない…」など、更年期世代の女性に多い悩みです。


ホットフラッシュは、ほかの更年期症状と同じく、女性ホルモンの分泌が急激に減って、バランスが崩れることが原因です。女性ホルモンは、卵巣から分泌されていますが、その卵巣に指令を出しているのは、脳の視床下部と下垂体です。更年期になると、脳が一生懸命に指令を出しても、卵巣からホルモンが分泌されなくなり、脳は混乱します。





視床下部には、自律神経(血管、血圧、心拍、皮膚、発汗、体温などの血管運動神経)をコントロールする働きもあるので、ホルモンバランスが乱れると、自律神経も崩れてしまうのです。ホットフラッシュは、自律神経の調節がうまくいかない状態で、血管の収縮と拡張のコントロールができなくなるため起こります。



ホットフラッシュだから…と自己判断しないでください。もしかしたら、血圧や甲状腺に異常がある可能性もあります。病院で検査してもらうことが大切です。


たとえば、ホットフラッシュに加えて、動悸、息切れ、頭重、手足のしびれなどがある場合は、“高血圧”の可能性があります。高血圧は、上が140mmHg以上、下が90mmHg以上です。 閉経以降、エストロゲンの減少によって血圧が高くなりやすいのです。高血圧は、脳卒中や心臓病などのリスクが高まりますから注意しましょう。


また、ホットフラッシュに、イライラ、発汗、脈が早くなる、体重減少などがある場合は、“甲状腺機能亢進症”の可能性も。甲状腺の病気は女性に多く、機能亢進症は甲状腺の機能異常のひとつです。甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる病気で、代表的なものにバセドウ病があります。



更年期に急に暑くなるときの対策


①調節できる衣服の準備



冷房が適度に効いているのにも関わらず自分だけ暑く感じる、またその時発汗して急に汗が引いて寒く感じる、などのことがあります。


職場や公共機関など、外部環境を調整することが難しい場所にいる時はできるだけ薄着の上に上から羽織れるものを準備しておきましょう。


また人によっては大量に汗をかく方もおられるので、そういった場合には着替えを持っておくことがおススメです。


②冷たいものを飲まない



暑いとついつい冷たいものを飲みがちですが、もともとは女性ホルモンの影響からくる自律神経の乱れで暑さを感じているのです。冷たいものを大量に飲むとかえって症状を悪化させる場合がありましので、できれば常温もしくは温かい飲み物を飲むようにしましょう。


③頭や首を冷やすグッズの活用



日中はネッククーラーを使う、寝る時は水枕を使う、など頭や首を冷やすグッズで落ち着いたらすぐに外れすようなものを活用してみましょう。


睡眠時に急激に体温が上がって目が覚める場合は水枕はおススメのアイテムになります。


かなり快適に過ごせるようになります。


④婦人科の受診


コチラに更年期の治療法が説明してあります。

その中でも特に、ホルモン補充療法(HRT)や、漢方療法のところをお読みください。


私はホルモン補充療法でのぼせが緩和しました。


⑤サプリの活用



エクオールとは女性ホルモン様の作用を持つ大豆イソフラボン由来の成分です。しかし、腸内で産生できるわけではありません。


エクオールを生み出すには、エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌が必要不可欠。


エクオール産生菌を持っていなければ、大豆イソフラボンをいくら摂取してもエクオールは産生されずエクオールのチカラを活かすことはできません。


つまり、大豆イソフラボンの恩恵を受けられる人とそうでない人の違いはエクオールの産生菌を持っているかどうかの違いなのです。エクオールをつくれる人の割合は、日本人の約50%といわれています。


エクオールサプリを利用することで、ホットフラッシュが緩和される方もおられます。婦人科でもおススメされるものですので、「ホルモン補充は…」「漢方は…」と思われる方は試してみられても良いかもしれません。また、場合によっては漢方との併用もできますので、医師に相談なさってください。


更年期は周囲の理解も大事


本来女性ホルモンが原因であれば治療でその問題を解消すれば体調は良くなるはず。


しかし中には先ほど伝えたような複雑な問題が重なってなかなか体調がよくならない方もおられます。


そういった方の多くが「生きづらさ」を抱えておられます。そんな方におススメなのが「よりそる」というサービスです。




こちらは月額1980円+税のLINEプログラムになります。


主な機能は


15分のLINEの利用で心身を楽にする習慣を身に着ける
・自身の体調の記録を行い、変化を知る
・パートナーと利用することでご自身の状況を知ってもらいパートナーにケアしてもらう
・月最大5回のカウンセリングを利用することで辛さを吐き出す場を持つ

になります。


更年期をきっかけに辛い思いを抱えている方に多数ご利用いただいております。


まずはお一人で使ってみたい、という方も是非どうぞ。


ご興味がある方はコチラからチェックください。







留言


bottom of page