top of page

更年期のお悩み相談 Vol.1 相談する人がいないについて


更年期世代のお悩み相談会をインスタグラムのライブで毎週木曜日20時~やっています。


こちらはその内容からお届けいたします。


Instagramはこちらをクリックください。 DMでご相談もいただけます



更年期世代のお悩み相談

~強い孤独感に関する対処法~


2月9日のインスタライブのご相談内容より


強い孤独感がある。どうしたらいいかわからない。人とうまく関係を築けないため、辛い時に相談できる相手がいない。夫から信頼されておらず、自分がダメな人間だという気持ちが強く、とても辛い。自分に自信がない。

<回答>


私自身孤独を感じたことはあるし、自分がダメな人間だと思って落ち込む事もあったし、期待通りにできず落ち込み悩んだ時期があります。


そういった思いは誰も経験があるはず


しかし今は私自身そういった気持ちになることはなくなりました。


勿論欠点はありますが、どんな人にも欠点はあり、良いところもあるという風に思えるようになったから。


だからこそ、失敗をした時は「次どうするか」に焦点を当てるようにしています。失敗した=私はダメだ、という風には考えないようにしています。


失敗したらもうだめと思うのは0-100思考、白黒思考、とされ、メンタルが落ちる考え方とされています。


世の中は0か100かではなくて、20点、とか30点だな、と客観視し、今後そこに対してどうアプローチしていくか、を考えていくことが大事になってきます。


失敗と自分の人格評価を切り離していきましょう。


また、周囲で同じように悩んでいる人がいたら、そういうことを伝えて欲しいと思います。



「人とうまく関係が築けないから相談できない」とされていますが、人と良い関係が築けていても相談はしない人はたくさんいます。


だから、ここでの問題は「相談ができない」ということより「自分で解決できないほどの問題を抱えている」という状況になります。


そういった時に気軽に相談できる人は案外少なく、相談できることは一つにスキルになります。


だからこそ、今回このような相談をしていただけた、ということがいかに素晴らしいことかということはお伝えしたいと思います。


ご相談いただいたときは、ご相談者が少しでも辛い状況を脱却できるようにお話はしていきたいと思っています。


これほどメンタルが落ちている状態であれば、まずやっていただきたいのは一日のうちであった良いことに目を向ける練習をしていただくことです。




メンタルが落ちるほど、辛いことにだけ目が行くようになるので、一日3つどんな些細なことでも良いのでよかったことに気づいて、ノートに書き記していただくことをしていただきたいと思っています。



ご飯がおいしかった
眠れた
空がきれいだった


などどんな些細なことでも良いですが、そこに目を向ける練習をすると心が回復していきます。


人の幸福度は何を持っているか、で決まるのではなく、幸福度が高い人はどんな環境にいても「幸せ」と感じる感受性が高いことが分かっているので、できるだけその感受性を高めていきましょう。


また、こういったお悩み相談がありましたら、フォロー後InstaのDMでいただければお答えできる範囲でお答えしていきたいと思いますので、是非ご活用ください。
















閲覧数:211回0件のコメント

Comments


bottom of page