top of page

30代で更年期障害はあり得る?その真偽と対策について



近年20代後半~30代の女性にも表れる人がいるという更年期障害のような症状。果たして30代でも更年期障害になることはあり得るのですか?


それとも似たような症状でほかの病気があり得るのでしょうか?


今日はそんな疑問にお答えします。


そもそも更年期障害とは

月経・妊娠・更年期…女性の一生は女性ホルモンに左右されるといっても過言ではありません。更年期障害というのは女性ホルモン(エストロゲン)の急激な低下から起こります。


一般的に年齢は平均50歳の閉経を挟む45~55歳の約10年と言われていますが、初潮に個人差があったように更年期にも個人差があります。


正確な更年期は閉経から数えて5年前からカウントするので、結果でしかわからないという側面があります。


また、この更年期の時期に更年期の症状が現れること、生活に支障が出ることを「更年期障害」と言います。


更年期の主な症状




<自律神経系>

のぼせ・ほてり・冷え・動機・息切れ・手足の冷え


<運動器形>

肩こり・腰痛・関節痛・筋肉痛


<精神・神経系>

頭痛・めまい・耳鳴り・物忘れ・憂鬱感・判断力や集中力の低下・不眠・不安・倦怠感


<皮膚・分泌系>

皮膚や粘液の乾燥・湿疹・発汗・ドライマウス・ドライアイ


<消化器系>

食欲不振・吐き気・便秘・下痢・腹部膨満感・のどの使え


<泌尿器・生殖器系>

月経異常・頻尿・残尿感・性交障害・外陰部の痛み


など多岐にわたります。


若年性更年期障害とは


20代や30代など通常より若い年齢で更年期障害になることを言います。


症状は上記に挙げた更年期障害の症状と同様になります。さらに症状が悪化すると、骨量の減少、脱毛、うつ症状などがおこることもあります。


生理不順や無月経症状になることもあります。特に短期で体重が減少した場合に月経が止まることがあります。


若年性更年期障害の原因とは


女性の社会進出が当たり前になった現在、女性も男性と同じように仕事の責任を抱え、休日出勤や、残業など、精神的にも肉体的にもストレスをため込むようになりました。



また、現代の生活そのものが、大きなストレスを生み出しているとも言われます。


女性の体はデリケートです。女性ホルモンの分泌には、卵巣だけではなく、脳が深く係わっています。脳の視床下部から脳下垂体に指令がくだり、卵巣を刺激するホルモンが分泌されるのです。ところが、視床下部は自律神経の中枢でもあります。


そのため、ストレスが加わると、自律神経の働きも混乱してホルモンバランスも乱れ、さまざまな症状が出てくるのです。


そういう意味では、自律神経失調症も更年期障害も同じなのですが、その原因としてエストロゲン、つまり女性ホルモンの欠乏や不足があるかどうかが、大きな違いといえます。


30代で更年期障害の症状が現れた場合





若年性更年期障害は不妊の原因にもなります。もし先ほどの症状リストに当てはまることがあれば、できるだけ早く婦人科を受診されることをお勧めします。


特に更年期障害の外来をしているクリニックや病院はおススメです。


実際に早期閉経になったにも関わらず、それまでに不妊治療で一千万円ほどお金を使ったという女性の話を直接聞いたことがあります。


そういったことにもならないために、気になる方は早めに受診をして検査をしてください。


若年性更年期障害の検査について




血液検査でホルモンの値をはかります。


『女性ホルモン検査』は、採血でエストラジオール(エストロゲン)、LH(黄体形成ホルモン)、FSH(卵胞刺激ホルモン)、プロラクチン(PRL)を検査します。


結果としては、主にエストロゲンが低くて黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモンが高いと更年期と言われます。


FSHが50を超えていたら閉経が近づいていると考えられます。


プレ更年期とは


プレ更年期とは医学用語ではありません。


俗に「30代後半~40代前半の女性が生理不順になったり、のぼせやほてり・イライラなどの更年期に類似した症状を感じたりした場合」を指すことが多いようです。


この時期から少し更年期障害を意識し、知識を入れておくのはおススメです。



若年性更年期障害の治療や対策とは



若年性更年期障害の治療には、ホルモン療法・漢方薬・低用量ピルなどを活用して、ホルモンバランスを安定させる方法があります。


また、若年性更年期障害を予防するには、規則正しい生活を心がけることが重要です。


普段の生活習慣を見直し、タバコを控える・運動をする・ストレスを解消する・栄養バランスのよい食事を摂ることを心がけましょう。無理なダイエットはNGです。


喫煙をしていると治療でピルを服用できないことがあるので要注意です。


この時期大切なこと


正しい知識を得ること、すぐに受診をすることは大事です。若年性更年期障害と診断されるとショックを受けられる方も多いでしょう。


もしパートナーがおられるのであれば、パートナーにも理解を示してもらい、対応してもらうことも大きな支えになります。


しかし、精神的に不安定な時期にきちんとパートナーに伝えていくことは大変です。


そんな時におススメするのが「よりそる」というサービスです。





1日5分、ラインのプログラムをご夫婦で使うだけでパートナーの理解を得ながら更年期を乗り越えていけます。


またお二人で解決できないことはカウンセリングもご利用できます。


月額1980円+税ですべての機能をご利用できますので、興味がある方はコチラをクリックしてください。


閲覧数:24回0件のコメント

留言


bottom of page